読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系革命!夢へと続く道!

ある一人の東工大生は、理系革命を起こしたいと思っている。

編入学試験対策・書籍紹介 数学編

『大学編入試験問題 数学/徹底演習』林義実・山田敏清 共著 森北出版

『編入数学徹底研究』

『編入数学過去問特訓』桜井基晴 著 聖文新社

 編入試験の過去問とその解法について詳しく書かれているのが

これらの3冊です。3冊とも取り組まれる事をお勧めします。

 

『明解演習 微分積分

『明解演習 線形代数

『明解演習 数理統計』小寺平治 著 共立出版

 やや難しい演習書として、共立出版の明解演習シリーズが有名です。

難関大学に挑戦する方には是非お薦めです。

 

『大学・高専生のための解法演習 微分積分Ⅰ』

『大学・高専生のための解法演習 微分積分Ⅱ』糸岐宣昭・三ッ廣孝 共著 森北出版

 高専生や、大学1年生に丁度いい難易度の演習書です。

初めの1冊はこれがいいのではないでしょうか。

 

線形代数学』川久保勝夫 著 日本評論社

 線形代数学のオーソドックスな本です。計算問題だけでなく

理論や導出まで詳しく載っています。線形代数が得意になりたい

人向けです。

 

『新訂 確率統計』 高遠節夫・斎藤斉ほか4名 共著 大日本図書

『ハッとめざめる確率』 安田亨著 東京出版

 確率統計はこれらの本がお薦めです。

 

『新訂 応用数学

『新訂 応用数学 問題集』高遠節夫・斎藤斉ほか4名 共著 大日本図書

『演習と応用 ベクトル解析』 寺田文行・福田隆 共著 サイエンス社

 大学によっては応用数学の範囲も出題される事があるので

過去問等を見て、よく勉強したほうが良いかもしれません。

上記の本は編入試験のレベル的にもちょうどいいと思います。