読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系革命!夢へと続く道!(編入試・大学院入試ブログ)

理工系大学生(東工大 応用化学系)です。高専から3年次編入しました。理系の大学編入学試験・大学院入試の傾向と対策や、学術研究に対する個人的意見などの情報発信をしています。得意分野は物理化学です。

編入学試験対策・書籍紹介 化学編 Part3

編入学試験関連

有機化学分野について

『マクマリー有機化学〈上〉』

『マクマリー有機化学〈中〉』

『マクマリー有機化学〈下〉』John McMurry著、東京化学同人

『ハート基礎有機化学』Harold Hart,David J.Hart,Leslie E.Craine共著、培風館

有機化学演習―基本から大学院入試まで』山本 学、豊田真司共著、東京化学同人

『基礎有機化学演習』大須賀 篤弘、東田卓共著、サイエンス社

『演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで』有機合成化学協会編、化学同人

『基礎有機化学演習』吉原正邦、神川忠雄共著、三共出版

 

有機化学は、編入試験では有機電子論に基づいた反応機構を考えなければならない場合が多いです。(高校レベルでは化合物の骨格の変化を暗記するケースが多かったかもしれません)

実際には、反応物と試薬が与えられていて、生成物を求めよ、といった問題や、逆合成解析(生成物を得るためにどのような試薬を用いればよいか)といった問題が中心になります。反応機構の詳細をすべて覚えるのは難しいですが、電子がどのように動くのかを大まかに理解しておけば問題は解きやすくなります。

代表的な人名反応は積極的に覚えてしまうほうが良いでしょう。